正直であること

Pocket

外国産のそば粉を使用していても、長野県で加工すれば信州そば。

これは宜しくないですね。

%e4%bf%a1%e5%b7%9e%e3%81%9d%e3%81%b01

こんにちは。

スクール事務局の大橋です。

週刊誌の記事で恐縮ですが、気になる問題なのでご紹介させていただきました。

地方の名産と呼ばれるものの多くは、商品名に地名を含みますね。

信州そば、讃岐うどん、伊勢うどん、富士宮やきそば、
札幌・旭川・喜多方・佐野・和歌山・徳島・長浜、(ほかにもたくさんありますが)といえば? そう、みんな大好きなラーメン♪

麺類だけではありません。

松坂牛、飛騨牛、名古屋コーチン。

野菜だって小松菜、三浦大根、下仁田ネギと挙げればキリがありません。

旅の楽しみのひとつは、その土地の名産・名物をいただくことという方も多いはず。

さて、この記事。

せっかく長野県に行って信州そばを食べたにも関わらず、原料の蕎麦の実は外国産ということもあり得るという内容。これはたしかに「消費者を惑わす」といわれても仕方がありませんね。もちろん表示規則に違反はしていないのですが、「ルールの範囲内であれば、不誠実なことも許容する」というような風潮は改めていきたいものです。

先日お会いしたある自然農の農家さんがとても素敵なお話をしてくださいました。

「私が農家になった動機は、本物を追求したかったからです。もともと食べることは好きだったのですが、とにかく本物がない。産地偽装は日常茶飯事、安い食堂でも高級レストランでも関係ありません。バレなければ良いと思ってるんです。そういうのが本当に嫌でした。だから自分で作るしかないと思ったんです。『正直であること』が、私のもっとも大切にしていることです」と。

食の業界はもとより、
どの業界でもどんな仕事でも大切にしていきたい想いですね。
もちろん私も心にしっかりと刻み込ました。

Pocket

2016年10月スタート!6回連続セミナー 東京・横浜・名古屋

Pocket

2016年10月より、ハーモニック・スクールの基幹講座
「医者にもクスリにも頼らない生きかた」6回連続セミナーを開催します。

私たちの日々の選択が、自分を作り、
やがては社会を作ってゆきます。

ものごとを良い悪いではなく、
「自然か不自然か」で見ることで、
お互いの命を全うする心地よい生き方に
繋がっていくと考えます。

“自然”を軸とするライフスタイルを実践する方法を、
「食」「農」「住」「医」「命」「心」の分野から全6回でお伝えします。

楽しく学び、心身ともに豊かな人生を送るコツを掴みましょう♪

【セミナー概要】
期間 :2016年10月~2017年3月 (毎月1回)
場所 :東京会場、横浜会場、名古屋会場

カリキュラム:
第1回 本来人間は何を食べるべきか
 ~自然栽培から学ぶ本来の食~

第2回 自然栽培のメカニズムを探る
 ~肥料がなくても育つのはなぜ~

第3回 種と菌を考える      
 ~いのちをつなげる意味とは~

第4回 本来の生活環境を考える  
 ~本来の豊かな生活を求めて~

第5回 本来の医療を考える    
 ~本来の豊かな生き方を求めて~

第6回 自然栽培に学ぶ心のありかた
 ~発酵型の心を育てるには~

東京会場  ◇ 10/3、11/7、12/5、1/9、2/6、3/6
       すべて月曜日 19:00~22:00

横浜会場  ◇ 10/15、11/12、12/10、1/14、2/11、3/11
       すべて土曜日 15:00~18:00

名古屋会場 ◇ 10/5、11/16、12/7、1/18、2/15、3/15
       すべて水曜日 19:00~22:00

▼お申込み・詳細はこちらから
http://www.naturalharmony.co.jp/school//6seminar/top1.html
↑これまで参加した方の感想も掲載しています♪

皆さまのお越しをお待ちしております。

Pocket

「銀歯」が生み出す“負の連鎖”

Pocket

こんにちは。

スクール事務局の大橋です。

「医者にもクスリにも頼らない生き方」というテーマを掲げている私たちですが、歯 の痛みばかりはどうにも耐え難いものがあります。

そう、最近、歯がうずくんです。
噛むと若干の痛みと違和感…。
いやな予感が…。

私、ナチュラル・ハーモニーに入社したのは2000年7月。それ以来、風邪で医者にか かるということはもちろんありませんでしたが、歯科医院には3度ほどかかりました 。

痛んだのはすべて過去に治療した歯です。

そう銀歯。

痛みがこらえられなくなると、歯科医院にいって被せてある金属を外してもらいます 。外したあとうがいをするとなにやら黒く濁った液体が出てきたこともありました。 (お食事前の方すみません<m(__)m>)

ちなみに、食生活が劇的に変化し食べるものが変わったおかげか、新たな虫歯という のはできていません。ですので、いまでは虫歯の原因は口の中ではなく、身体の中に あるという感覚をもっています。

それはさておき、銀歯。

やはりこの治療はダメだったのですね。

%e6%ad%af%e7%a7%91%e6%b2%bb%e7%99%82_%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%83%88

先日発売された某週刊誌の記事です。

タイトルは、「銀歯が生み出す“負の連鎖”」

銀歯治療が「歯を失う原因になっている」という内容です。

それでも未だに銀歯治療が行われている理由を歯医者さん自身が語っていますので下
記に引用させていただきます。

———引用開始————————————————————-

日本の保険制度は、削って詰めないと保険点数が請求できません。だから小さな虫歯 でも、歯科医はすぐに削る傾向があったし、痛む歯以外も診断して、あちこち“虫歯 だから治療しましょう”と削っていました。
ある程度の大きさ以上でないと、銀歯の素材加工が難しいので大きく歯を削りました し、銀歯が外れないように歯を削る教育が重視されていました。実は虫歯の部分は削っても痛くないんです。健康な部分を削るから痛い。痛いのは“ 削る必要のない部分も削っている”からです。

———引用ここまで———————————————————

「銀歯治療」→「健康な歯まで削る」→「歯の容積が減る」→「虫歯菌が歯根に到達 」→「神経を抜く」→「歯の寿命が短くなる」→「抜歯」とう流れだそうです。

また、歯にすっぽりと被せるタイプでは、本人の気づかぬまま、銀歯の下で虫歯が進 行していくこともあるというのです。私は完全にこのパターンですね。

すでに治療してしまったものはどのようにすれば良いのか?外した方が良いのか?と りあえずそのままが良いのか?

判断が分かれることろだとは思いますが、歯は一生付き合うのもですから慎重に考え たいですね。

Pocket

はしか騒動

Pocket

ニュースを見ると「はしか」で大騒ぎですね。

正直、またか!という感じですが、ワクチンもビジネスなので、
時折こうして販促活動が必要なのだと思います。

2007年にも一部の大学で休講になるなどのはしか騒動がありましたが、あの時は、使用期限が迫ったワクチンが大量に余っていたそうです。ワクチン供給サイドの方から伺った後日談なのでおそらく事実でしょう。

日本国内では、この10年はしかが原因でなくなった方はいません。
一方で、ワクチンの副反応で健康を害した方はいらっしゃるようです。

ただ、日本ではワクチン接種に関する公のデータがでてきませんので、
あくまで医師などの医療現場から届く声に頼らざるを得ません。

measles

ワクチンに限らず、医薬品、また農薬も同じ構図です。

いわゆる“村”という利権構造です。

その村の住人にとっては、私たちの健康は二の次三の次なわけですから、私たち自身がしっかりと勉強し、判断できる力をつけることが必要ですね。

Pocket

『発酵遺産』

Pocket

こんにちは。

スクール事務局 大橋です。

ナチュラル・ハーモニーの顧問ドクターでもある

“一錠のクスリも出さない医師”こと三好基晴先生と

弊社代表 河名秀郎のコラボレーションによって生み出された一冊

『発酵遺産』がついに販売開始です!

とはいっても、

書店やAmazonなどでは販売しておりません。

いまのところ(2016年9月3日現在)、

取扱いがあるのはナチュラル・ハーモニーの各直営店舗、

河名秀郎の講演会会場、弊社イベント会場のみとなっております。

近日中に、個人宅配「ハーモニック・トラスト」、

公式ネットショップ「mai」での販売も開始いたします。

↑開始しました!

ご購入はこちらから!

 

昨今話題の「発酵」、

その本質を知る上では欠かせない一冊かと思います。

ぜひ、お読みいただき本物の発酵の世界に触れてください。

Stamagawa-f16090118360_0001 Stamagawa-f16090118360_0002 Stamagawa-f16090118360_0003 Stamagawa-f16090118360_0004

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

Pocket