「銀歯」が生み出す“負の連鎖”

Pocket

こんにちは。

スクール事務局の大橋です。

「医者にもクスリにも頼らない生き方」というテーマを掲げている私たちですが、歯 の痛みばかりはどうにも耐え難いものがあります。

そう、最近、歯がうずくんです。
噛むと若干の痛みと違和感…。
いやな予感が…。

私、ナチュラル・ハーモニーに入社したのは2000年7月。それ以来、風邪で医者にか かるということはもちろんありませんでしたが、歯科医院には3度ほどかかりました 。

痛んだのはすべて過去に治療した歯です。

そう銀歯。

痛みがこらえられなくなると、歯科医院にいって被せてある金属を外してもらいます 。外したあとうがいをするとなにやら黒く濁った液体が出てきたこともありました。 (お食事前の方すみません<m(__)m>)

ちなみに、食生活が劇的に変化し食べるものが変わったおかげか、新たな虫歯という のはできていません。ですので、いまでは虫歯の原因は口の中ではなく、身体の中に あるという感覚をもっています。

それはさておき、銀歯。

やはりこの治療はダメだったのですね。

%e6%ad%af%e7%a7%91%e6%b2%bb%e7%99%82_%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%83%88

先日発売された某週刊誌の記事です。

タイトルは、「銀歯が生み出す“負の連鎖”」

銀歯治療が「歯を失う原因になっている」という内容です。

それでも未だに銀歯治療が行われている理由を歯医者さん自身が語っていますので下
記に引用させていただきます。

———引用開始————————————————————-

日本の保険制度は、削って詰めないと保険点数が請求できません。だから小さな虫歯 でも、歯科医はすぐに削る傾向があったし、痛む歯以外も診断して、あちこち“虫歯 だから治療しましょう”と削っていました。
ある程度の大きさ以上でないと、銀歯の素材加工が難しいので大きく歯を削りました し、銀歯が外れないように歯を削る教育が重視されていました。実は虫歯の部分は削っても痛くないんです。健康な部分を削るから痛い。痛いのは“ 削る必要のない部分も削っている”からです。

———引用ここまで———————————————————

「銀歯治療」→「健康な歯まで削る」→「歯の容積が減る」→「虫歯菌が歯根に到達 」→「神経を抜く」→「歯の寿命が短くなる」→「抜歯」とう流れだそうです。

また、歯にすっぽりと被せるタイプでは、本人の気づかぬまま、銀歯の下で虫歯が進 行していくこともあるというのです。私は完全にこのパターンですね。

すでに治療してしまったものはどのようにすれば良いのか?外した方が良いのか?と りあえずそのままが良いのか?

判断が分かれることろだとは思いますが、歯は一生付き合うのもですから慎重に考え たいですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です